社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

豊田市萬國寺の本堂屋根伏せ完了

本堂の銅板一文字屋が葺きあがりました、新しいうちはピカピカ光って貫録が有ります。

色々な角度から眺めて見ても綺麗な屋根に収まりました。

本堂正面から見た雄姿です。

棟の鬼飾り、設計士の先生と相談して形や大きさを決めました。

 

銅板は滑るので足場を、作りながら順番に上に葺いて行きます。

棟の上に鬼の原寸台の大きさを型紙で作り、遠くから眺めて、バランスが良いか確かめて決めました。

鬼の正面、このぐらいがいいか、何度も見直したり、形を作り治したりして決めて行きます。

職人さんにも立ち会って、いろいろな角度から眺めて、確認していきます。

全部葺き終わり、鬼や棟も完成しました。

銅板葺しか味わえない、良さがあり綺麗に屋根の反りが出ています。

記事個別ページヘ
1 / 11