社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

大垣市西生寺様の書院建て方。

西生寺様のまずは書院から建てに掛かりました。

平屋の20坪位の建物です。

順番に本堂の方も掛って行きます。

記事個別ページヘ

愛知県津島市の蓮光寺様本堂造作工事

内陣の組み物と折り上げ天井が完成しました。

外陣の天井と内陣の正面の長押

余間の格天井 天井板は秋田杉の無垢の板を使用しています。

内陣の折り上げ天井と小組格天井

内陣の組み物

折り上げ天井は、手間が掛かるだけ出来上がると、立派に見えます。

外部も仕上がりに近づきました。

記事個別ページヘ

岐阜各務原市の光泉寺様の内部造作

 

 

柵内と外陣境の斗共を組み格子天井をくみました。これも以前の本堂の格子天井を綺麗に洗い傷んでいる部分は修理して使いました。

綺麗に洗うととても220年前の材料とは思えないほどの物に成ります。

余間の折り上げ天井をくみ上げる最中、二間を一間半に縮めたので、竿の割り付けをして組み上げました。

外陣の天井もほぼ組み上がりました。

内陣の天井も組み上がりました。

余間の天井板は割れたり、張り付けて有ったために今回は新品で張り替えました。

秋田杉の無垢板です。やはり無垢材で有るからこそ長い年月持ちます。

本堂の内部工事が終盤に掛かりました。

記事個別ページヘ

岐阜羽島市の興源寺の瓦葺き

屋根下地を変えて瓦葺きにかかりました。

梅雨の最中で養生しながら天気を見ながらの瓦葺きに成りました。

瓦が並びました。

縦横斜めと瓦が並び線が綺麗に通ります。

日本瓦の美しい色が並びます。

記事個別ページヘ

羽島市の興源寺様の瓦屋根の伏せ換え工事

去年の台風で被害に有ったために屋根瓦を伏せ換える事に成りました。

瓦もかなり老朽化していて丁度伏せ換えるタイミングでもありました。

屋根土も今度は無くして少しでも軽くして地震に耐える様にします。

屋根下地の交換、防水シートを貼りこれで雨が降っても大丈夫です

この後瓦工事に大至急入ります。梅雨時期なので雨が心配です。

記事個別ページヘ

愛西市の長久寺様の本堂解体終了と起工式

本堂の瓦が全て下されて、屋根の解体に入ります。

建物の中の化粧梁、虹梁を外して新しい本堂にまた使うために慎重に解体して行きます。

屋根を取り除き柱と梁だけにして、順番に解体して行きます。

柱と虹梁をうまく外して再利用します。

慎重に柱から虹梁を外します。

場所が狭いため内陣側から順番に外陣の方に向けて取り外して進んで行きます。

解体が終了して整地しました。

工事を始める前に起工式をお寺の住職様と檀家の建設役員様等がお集まり頂いて起工式をしました。

参列して頂いた役員様と檀家様の焼香

町の議員様の挨拶。

無事に立派な本堂の完成を望んでいますとの事。ご期待に答えられる様に努力させて頂きます。

記事個別ページヘ

各務原市の光泉寺様本堂内部工事進行中

内部の壁やサッシなどを付けて外部周りから工事を進めます。

内部の床貼、壁下地などを作ります。

外部周りの長押や壁下地等が出来ました。

柵内の天井、解体したときに綺麗に取り外して、洗いを掛けて組み上げました。

斗共なども洗い、磨き直して取り付けました。とても220年前の物とは感じません。

余間の天井竿を、くみ上げる最中です。

折り上げ天井なので、手間が掛かります。

内陣の斗共、工場で傷んでいた部分を修復して磨き直して現場に搬入した所です。

これから内陣の斗共と折り上げ天井を組みに掛かります。

記事個別ページヘ

羽島郡笠松町 称名寺 浜縁高欄修復工事

 

記事個別ページヘ

愛知県愛西市の長久寺様の本堂解体

解体にあたり先に天井や床を解体します。

天井を外して梁などが見えてきました。

 

床も解体して、屋根の一部を解体して、屋根瓦などを下しました。

床などを全て撤去してました。

床組みでも太い材料だけ残して、ほとんど外します。

床が解体出来ましたので、屋根瓦を下すために屋根に穴を開けて下しました。

場所が狭い為に大きいクレーン車が入らなかった為に穴を開けました。

瓦降ろしに掛かりました。

順番に瓦を下して、土と瓦と分別して処分します。

瓦下し。

ほぼ瓦が降りて、これから本体部分の解体に入ります。

 

 

記事個別ページヘ

愛知県津島市の蓮光寺様の内部工事開始

地震に耐える様に体力壁の新設

太い筋交いで柱と柱を固定して建物の傾きを防ぎます。

太い梁など全体を太くして丈夫な建物のに仕上げます。

記事個別ページヘ

各務原光泉寺様の内部造作開始

内部の組み物を磨いて化粧し直し組み上げます。

傷んでいる部分は修理して使います。

220年経っていても内部の材料は綺麗なままです。

数や場所などを確認しながら補修もしていきます。

昔の本堂天井竿、桧で作って有り磨くと綺麗なままです。

記事個別ページヘ

愛知県愛西市の長久寺様の本堂解体開始

本堂解体に当たり内部から解体に入ります。

一見何ともない様に見えますが、地震で傾き柱などがひび割れています。

今回新築するに当たり、使える物は再利用するため丁寧に解体します。

獅子鼻や像鼻、向拝の虹梁等状態の良い物は再利用して新築の本堂に使います。

まずは内部から解体に入ります。天井などを外しに掛かりました。

内部の欄間や巻障子など外せる物は全て外しました。

天井を外すと梁などがみえます。梁なども昔建てたときに再利用して有る材料が使ってありました。

柱が割れているので鉄のバンドで締め付けて有りました、今回は柱は細い為再利用しずに新しい柱で大きくして作り直します。

記事個別ページヘ

岐阜県笠松町称名寺浜縁改修工事

浜縁板の腐食している部分の取替と、既存の高欄の修理をしました。

階段部分は削り直してね色を付けて修復しました。

高欄の南側は特に傷んでいたので、半分位は新材で作り直しました。良い材料が使って有ったので、元の材料に合わせて

欅で作り直しました。

正面の欄干は修理と磨き直して修理しました。

欅の框が反って外れていたので新品の材料と交換して、浜縁板の腐った部分は、ヒバ材で交換しました。

既設の縁板は桜の木と欅で作って有りました、欅材は同じ材で修理交換しましたが、桜の木は今では

これだけ巾の拾い板が無いため、水に強いヒバ材で交換しました。

欅の板は隙間が空いたり、縮んだりして外れかけていたため削り直して、隙間が無い様に張り直し、表面も

削り直して磨きました。

 

全体に隙間なく直しました。

記事個別ページヘ

600年前の武田家の武家屋敷の移設調査

今から約600年前の武田信玄に係る武家屋敷だそうです。約40年前に在る所に移設されてね保存されていましたが、ある事情で閉鎖する事に成りこれを名古城の敷地内に移設の話が出てきて只今検討中です。

そのために色々と調査をしに来ました。

一度移設した時に、サッシなどに交換されていますが、今度名古屋城の敷地に移設となれば昔のままの復元したいと思います。

建物の中はそれほど傷んでは無く、備品なども有り歴史を感じる物も有ります。

本来の日本建築が、感じ取れます。

良い状態で保存されていました。

建具など一部新しい物も入っていますが、昔の物も有ります。

武家屋敷に入る前に在る長屋門です。

屋根などは銅板に変わっていますが、姿形は昔のままだそうです。

扉などは欅材が使用して有りそれなりに歴史を感じます。

建物奥にある別邸、離れ座敷

昔は高貴な方などを案内する特別な部屋、きめ細やかな細工がして有りました。

華唐窓、建具などは昔のまま残っていました。

床の間、床柱

網代天井等やはりいろいろな細工がして有り、一番良い部屋に仕上げて有りました。

これを何とか名古屋城の元に移設をして残して行きたいと思っています。

これから細かく調査して行きます。

 

記事個別ページヘ

岐阜県笠松町 称名寺様 浜縁改修工事

浜縁の板が縮んで隙間が空き、縁渕からはずり掛けたりしているので、これを一度外して削り合わせて直して行く工事です。

板を外しに掛かったら下地材の大引きが白蟻に食べられていました。

縁渕などもひどく反り曲がったりしている物もあり、直せるものは真っすぐに直して、直らない物は交換して修理します。

一度すべて外して腐食部分の点検をします。

縁板のひどい部分は交換し、使える物は削り合わして隙間なく貼り直します。

見えない下地材は、余り良く無い状態でした。

ひどく腐ったり白蟻の被害等があります。これを交換して防蟻処理などをして直して行きます。

記事個別ページヘ