社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

愛知県愛西市慶正寺様の不陸調整と補強基礎工事

柱の下を水平に切直して高さを基礎の上端に合わせます。

部分的に柱が短く石と柱の間に木で高さを合わせて有りました、それを今回は短い分だけ基礎を上げて柱に直に荷重が基礎に伝わる様にします。

本堂の周りの廊下柱、地面に埋まっていたので掘り下げてコンクリート基礎で水平に直します。

本堂の柱も部分的に土と接していたので白蟻の被害に有っていました。

不陸調整と一緒に基礎の高さまで上げます。

外周周りも土の加減で沈んだり、外に柱がずれたりしていたため、地盤が崩れない様にコンクリートの擁壁を作って支えます。

基礎石が大きい為、補強基礎を作る時に一体に成る様に基礎のコンクリートで包みます。

本堂外周周りの基礎石、地銀河悪く部分的に不陸が悪い為にこれ以上下がらない様に補強基礎と一体化させます。

糸を張り通りを出して真っすぐになる様にします。

崩れそうな所が有ったために、崩れない様に一度コンクリートで包みました。

本堂裏同の石組、根石や基礎石が無いために不陸が悪く最大で20cmほど下がっていました。

これを補強するために擁壁コンクリートを打って補強します。

記事個別ページヘ

愛西市の引接寺様の軒先修理工事

軒先が下がってしまい垂木と茅負が離れてしまい危険な状態です。

瓦の隅鬼の、二ノ鬼付近で屋根が折れてい居ます。

瓦全体にずれなどが有りますが、今回は庇の折れた部分の修理に成ります。

離れて見ると庇が折れているのが良く分かります。

足場を組んで修理に入ります。

記事個別ページヘ

愛知県愛西市の慶正寺様の基礎補強工事

基礎工事の補強と不陸調整工事に入りました。

昔の亀腹、薄くモルタルで塗り上げて有るだけの為、割れていたり、下がっています。

浜縁を撤去して、本堂の柱を見ると至る所に高さ調整か柱が短かった、為かパッキンがして有りました。

柱の通りも悪く、石の真ん中に柱が立っていません。

地盤が下がって土台と柱に隙間が空いています。

至る所にパッキンがして有ります。

昔の基礎石、天端が丸いしいを使って有る為柱が全部乗っていません。

石の中央に柱が来ていません、ずれていてなおかつ斜めの所に柱が立っています。

柱下のパッキンもずれていました。

柱の高さ調整をしながらジャッキで持ち上げて水平に直して行きます。

土で埋まっていた基礎石周りを掘り下げてコンクリートで石を固定します。

記事個別ページヘ

岐阜県大垣市和合本町の西生寺本堂 屋根工事完了

京都本山の総会所の向拝の虹梁

譲り受けて西生寺様の向拝の虹梁に再利用します。

長さが長い為に彫刻部分だけを製材して取り出して、短くして使います。

彫刻部分を切り取って見ても木材の芯は新品そのもの物凄く綺麗な材料です。

これを上手に新しい本堂に組み込みます。

庇部分の工事、隅木が収まり茅負を繋いで行きます。

本堂裏側の庇部分、ここは庇の出が少ないですが桔木を入れて丈夫にします。

桔木を固定して野垂木を打ちます。

表の隅木、庇を長くして本堂のバランスを取ります。

本山から譲り受けた、向拝の手挟これを磨いて加工し直して再利用します。

向拝柱の上の斗共、100年経った様には見えないぐらいしっかりしています。

虹梁を短くして新しい本堂のサイズに直しました。

いよいよ最終組み立て、本山の総会所の材料が再び組み上がります。

譲り受けた向拝の材料、向拝回りは全て譲り受けた材料を再利用しました。

向拝が組み上がりました。

蟇股も譲り受けた材料、彫刻が素晴らしいです。

京都で100年、岐阜に来てこれから300年400年と本堂を支えてくれるでしょう。

向拝の下からの風景。

柱と虹梁と木鼻

京都総会所の解体前の建物、これを解体して譲り受けました。丁度2年前に解体しました。

総会所の外した部材です。

壊れない様に慎重に外しました。

外した材料をトラックに積んで自社工場にて保管します。

2年後に再び姿を再現しました。本山の方も完成後には一度見に来るそうです。

良い物は再利用して使いましょう。

記事個別ページヘ

愛知県津島市の瑞泉寺様の稚児門工事

稚児門の新築工事に入りました。

白蟻の被害で土台等が腐ってしまって、何時倒れるか分からない状態です。

解体に当たり、住職様のお勤めして頂きました。

 

住職様のご家族と工事関係者出席の元お祓いをして頂きました。

解体に入るとやはりかなりの腐食具合。

中央の稚児門だけを修理して別の場所に移せないかと急遽ご相談を受けました。

脇塀を解体していると、腐食と白蟻の被害が凄いです。

解体前だとあまり被害が有るようには見えませんでしたが、解体しているとその被害の様子が良く分かります。

稚児門だけを切り離して別の場所に移す準備

切り離してトラックに積んで別の場所に移動します。

柱は腐っている部分は修理して、屋根の部分はまだまた持ちそうなので、住職様のご希望で、裏の通用門に直して再利用します。

記事個別ページヘ

愛知県愛西市西篠町の慶正寺改修工事

内部の養生が終わり、足場を組んでいよいよ瓦降ろしに掛かります。

瓦を下すために全体に足場を組みます。

鐘楼堂は、瓦の伏せ換えとともに、傷んでいる貫なども交換するために、一度全部解体します。

軒先の茅負が一部腐って屋根が垂れ下がっています。

屋根の伏せ換えと共に傷んでいる貫と、柱下の石の不陸も直して行きます。

柱下の石も下がっていて、鐘楼堂が傾いて居ますので全解体して基礎から直してまた組み上げます。

記事個別ページヘ

大垣市和合本町の西生寺本堂新築工事 上棟式

工事はまだ途中ですが、上棟式の日を迎えました。

屋根には五色の吹き流しと、幣束を立てます。

棟上式の住職様の挨拶。

お寺のお勤めをして頂いて、檀家の皆様も沢山参加して頂きました。

 

お寺様のお勤めの後、工匠式に移ります。

工匠式では引綱の義を、執り行います。

これは昔檀家の皆様で地棟を引き上げていた事を、儀式的に行う行事です。

続いて槌打ちの義では、檀家の皆様にて引き上げて頂いた、地棟を工匠達が打ち納める儀式です。

 

工匠が屋根の上で地棟を槌で叩いて収めます。

最後に住職様と建設役員様も足場の上に上がって頂いて、散華の義を執り行ないます。

 

記事個別ページヘ

一宮市の正瑞時様の鐘楼堂の屋根瓦伏せ換え工事

瓦の伏せ換え工事が完了しました。

全体のバランスと、軒先の線も綺麗に見える様に調整しました。

岐阜の美濃瓦で葺いたので瓦の輝きが綺麗です。

瓦工事の途中、瓦伏せの職人さんが瓦を一枚一枚見て選んで施工します。

下り棟を下地に固定しています。

ずれない様に下り棟はステンレスの針金で何十にもして、固定して瓦も錆びない様にステンレス

の釘で固定します。

瓦を下した時の屋根下地。

明治の時代のままなので杉皮と竹で固定して有りました。

野地板の間隔も広く、杉皮との間に隙間が有り、そこから屋根泥が崩れて落ちていました。

瓦を下して、掃除をしてこれから屋根下地の交換に入ります。

記事個別ページヘ

大垣市の西生寺様建て方

建て方が始まり本堂周りの下屋根が出来ました。

本堂の躯体部分がほぼ建ちました。

化粧垂木を取り付けて、桔木を入れる準備をしています。

桔木の固定が終わり、屋根下地の組付けに掛かります。ります。

正面は向拝の柱を建ててから屋根を繋ぎます。

軒の出を深くする事により屋根が大きく立派に見えます。

化粧垂木と茅負、裏甲、軒先の反り上がりの線を綺麗に見える様に調整して、

軒先の線を固定します。社寺建築の一番の見せ所です。

記事個別ページヘ

愛知県弥富市の慶正寺様の改修工事開始

 

本堂の耐震改修と屋根の葺き替え工事、基礎の補強工事を行います。

この本堂を美しく蘇ります。

本堂内部、仏具などを搬出して漆ゃ金箔の柱などに養生をしました。

畳も出してこれから床の解体に入ります。

床を外して基礎の補強をします。

床組みは新材で組み直します。

記事個別ページヘ

大垣市の西生寺様本堂建て方開始

土台を伏せていよいよ建て方始まります。

本堂の梁丸太、太い丸太で丈夫にしてあります。

桁と隅の組合わせ

本堂部分とした屋根の部分

外陣正面、三間梁

本堂裏から見た景色。

本堂部分がほぼ組み上がりました。

柵内の丸柱

脇部屋の屋根の梁丸太。

記事個別ページヘ

愛知県津島市の蓮光寺様浜縁工事

浜縁の柱や梁の組

材料には防腐材や木材保護塗料を塗ってあります。

縁板を取り付け中

 

 

階段も出来上がりました。

 

縁板を張り終わり長さを切りそろえます。

浜縁板の板貼り完了、これから高欄工事に掛ります。

記事個別ページヘ

各務原市の光泉寺様浜縁工事完了

旧本堂浜縁束と虹梁し斗組を磨いて再利用しました。220年経っている材料ですが芯は何ともなく

まだたま使えます。

向拝正面の階段、登りやすくするために段数を増やして、上がりやすくしました。

浜縁下の束、虹梁等が有ると立派みえます。

縁板を貼る工事です。

ほぼ縁板が張り終わりました。

最後に高欄の工事に入ります。

高欄も完成しました。

登り高欄

柱組、斗組、虹梁などを補修して再利用してあります。

ほぼ昔の本堂の形に成りました。

浜縁高欄の完成

 

記事個別ページヘ

愛知県津島市の蓮光寺様内部造作完了

内部の造作が完了しました。

内陣正面、これから磨き工事に入ります。

内陣の折り上げ天井

内部工事が終わりこれから外部の工事に入ります。

外部の石工事や土間、浜縁工事を順次進めます。

記事個別ページヘ

各務原市の光泉寺様の内部工事完了

ほぼ外観と内部造作が完了しました。

外から見た外観

本堂内部の天井も組み上がり後は柱の塗装工事に入ります。

復元した内陣の折り上げ天井、ほとんどが旧本堂の材料を再利用して組み上げました。

約220年前の材料です。傷んでいる所は分からない様に直して有ります。

余間の天井、今回余間は2間から1間半に縮めたために天井を短くして再利用してあります。

天井板は外す時に割れるので新品の材料に取り替えました。

外陣の天井は旧本堂の物をそのまま洗濯して再利用して有ります。斗共や虹梁なども再利用して有ります。

記事個別ページヘ