社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

岐阜市三田洞の珠泉院様基礎工事開始

柱状改良工事が、終了してこれから基礎の背筋組に入ります。

透湿シートを、ひいてその上に捨てコンクリートを、打ち鉄筋を組みます。

鉄筋の間隔は、20センチ間隔で組み上げます。

鉄筋のかぶり厚さを守る様に型枠を組みます。

全体の型枠が組みあがりました。

背筋検査も済、立ち上がりのコンクリート打ちに入ります。

記事個別ページヘ
1 / 11