社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

圓心寺鐘楼堂修復完成 落慶法要

屋根地の工事が終了して瓦工事に掛かりました。

現在は乾式工法とゆう瓦葺きの仕方です、土等を使わずに桟木で瓦を止めていきます。

鬼瓦も乗りました。

鬼瓦の中心に浄土宗の家紋を入れました。瓦葺きも完成しました。

落慶法要当日、前日の予報では雨でしたが、法要が始まる少し前にやみましたこれも集まって頂いた皆様の願いが届いたのでしょうか。

法要が始り住職様の挨拶です。

約150年前の姿に復元出来ました。ほぼ新築観たいに、見えます。

鐘楼堂での法要が始り檀家の皆様も一緒にお参りしています。

最後に散華を撒いて皆様に記念に成る様に、感謝の気持ちで撒かれていました。

無事に修復工事が終わり、これから150年以上この地に残る様に施工して有りますので末永く檀家の皆様に愛される鐘楼堂で有りますように。

記事個別ページヘ
1 / 11