社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

各務原光泉寺様の建て方開始

解体した材料を作業場に運び込む

作業場天井゛古い漆を剥がして綺麗に磨きます。傷んでいる所は直しながらチェックしながら仕事をします。

解体した柱全てを磨きます。

磨いて綺麗に補修した、海老虹梁

いよいよ建て方が始まりました。内陣正面の柱が立ちました。

柱などは再利用して、新たに土台、足固め等は心材に代えます。

以前の本堂は土台などが入っていない為、耐震性を上げるためと、間隔維持のために入れます。

本堂内部の柱がほぼ建ちました。

以前は石の上に直接建っていたために、長さの調整などをして土台などを新たに入れます。

記事個別ページヘ
1 / 11