社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

大垣市善教寺様鐘楼堂完成

建て方が始まり柱をくみ上げます。

虹梁や三ツ斗組等は前の鐘楼堂の材料を再利用して組み上げます。

桁や棟木等は新材で作ります。

再利用する材料は新しい材料と会うように修正、修理などをしながら使います。

屋根をくみ上げて、瓦の下地工事に入ります。

前鐘楼堂は、桔木が入って居なかったために、庇が下がっていましたが、今回は桔木を入れました。

瓦工事に入り箕甲を本葺仕様にして、かけ瓦の施工に入りました。

軒先も伏せ終わり、瓦の線が出来ました。

当社では必ず軒の線を、隅では反り上げます。

そうする事で軒先が、隅では下がった様に見えないためと、仕上がりが綺麗に見えるためです。

手間は掛かりますが、立派に見えます。

鬼瓦が乗りました。

棟瓦の施工が終わりました。

地震などで棟が崩れない様に、棟瓦の中に木で下地を作ってそれにノシ瓦を積んで有ります。

鐘楼堂の完成です。本堂側から見た風景。

南側からの姿

東の道路側側から見た姿。

鐘楼堂のの内部、橦木も新しくしました。

土間も打ち直して、敷石も新しくしました。

地震対策もして有ります。

 

旧鐘楼堂

新鐘楼堂

記事個別ページヘ

大垣市の善教寺様の鐘楼堂建て方開始

工場内で取り外してきた化粧梁などの修理や磨きなどをして、使えるように修復して行きます。

 

新しく建てる鐘楼堂に合わせて加工し直します。

新しい部分は工場内で一度仮組をします。そうすることで現場での作業が早く成り、手間もゴミも削減できます。

全体の屋根をくみ上げて、調整します。

現場では基礎の補強をしたり、礎石や礎盤の石を新たに据え直して行きます。

昔は石の下には何も無かった為、今度はコンクリートで石の下には広めの下打ちコンクリートで固めます。

コンクリートの上に新たに礎盤と礎石を結合します。

石の中央部分から見えるステンレスの丸棒。

直下型地震に耐えるようにステンレスの棒を入れます。石からホゾが抜けて倒れる事が多いので、抜け防止のためです。

現場でも建て方が始まりました。

昔の虹梁と台輪、欅などの良い材料で使える物だけを再利用して有ります。

記事個別ページヘ
1 / 11