社寺建築新築・改修・耐震・整備工事

豊田市の萬國寺様の鐘楼堂完成、山門修理

鐘楼堂の新築工事が完成しました。

全体の姿

門の修理工事開始、現状は四方に控えの鉄柱で支えて有りました。これを撤去して修理します。

山門をそのまま引いてずらして、基礎工事に入ります。

山門を、浮かして移動しました。

基礎には以前使用して有った敷石を再利用してまた使いきした。

敷石に穴を開けてずれ止めと、抜け目のステンレス製の丸棒を差し込み固定しました。

高さ調整もして、基礎石も収まりました。

山門を曳いて元の位置に収めました。

戻した時に柱の脚部が腐食していたので根継ぎと、唐居敷の取り換えをしました。

貫も腐食がひどいため交換しました。

コンクリートで土間を固めて全体の強度を出します。

後は袖塀を作り山門と固定をすれば筋交いを外して、垂直に山門が戻ります。

記事個別ページヘ

豊田市の萬國寺様の鐘楼堂建て方開始、山門修理

 

鐘楼堂の建て方開始

釣鐘が、収まりました。

骨組みが組みあがりました。

破風を、付けて屋根下地の工事に入ります。

 

瓦の平部分と鬼瓦が付きました。

屋根全体の雰囲気が分かる様になりました。

棟のノシ瓦の施工

 

記事個別ページヘ
1 / 11